小説は、読みやすい事が、一番ですが‥‥

(1)1文を1行以内におさめる
 これを、やると、読みやすいですが‥‥
 文頭数が増えて、接続詞が不足します!
 『しかし』、『しかも』あたりが、特に尽きやすいです。

(2)文末を、『~る。』『~た。』と、繰り返す。
 読みやすいというより、読み良いですが‥‥
 意外と、面倒くさいです。

(3)話し言葉の回避
 話し言葉は一意でないので、書き言葉で執筆する。
 アマチュア批評家の人たちが、一番敵意を持つテクニックです!
 無視すると楽です。
 さらに、TVタレントのように、接続詞をすべて『それで』にすれば、どれだけラクチンだか‥‥

(4)ガンダム風のセリフ
 短い言葉でも、インパクトがあります。
 アマチュア批評家の人たちが、二番目に敵意を持つテクニックです。
 意外と、アイデアで煮詰まる事も‥‥

 (1)~(4)を、すべてやれば、小説を煮詰められます。
 (1)~(3)だけでも、制約がハードで面倒です。

 さあ、小説を、煮詰めましょう!